手仕事のぬくもりが重なりあう「里山百貨店」

西宮市・苦楽園口にあるギャラリー・ウラン堂で開催中の展示「里山百貨店」へと足を運びました。この展示は昨年も開催していたそうで、京都・奈良の山あいで活動する作家・佐古馨(さこかおる)さんと永尾博司(ながおひろし)さんが主催 […]

西宮市・苦楽園口にあるギャラリー・ウラン堂で開催中の展示「里山百貨店」へと足を運びました。この展示は昨年も開催していたそうで、京都・奈良の山あいで活動する作家・佐古馨(さこかおる)さんと永尾博司(ながおひろし)さんが主催している展示です。

ウラン堂外観

ウラン堂へは苦楽園口から徒歩5分。夙川北小学校の沿いにあります。デザイン事務所が運営していることもあり、展示以外の期間はデザイン・美術関係の本が沢山並んでいます。カフェ併設なのでふらっと寄ってゆっくり過ごせます。

季節の移ろいをまとい、共鳴するそれぞれの作品

店内に入ると、ずらっと並んだカットボードに圧倒されます。

永尾博司さんは京都南山城村旧田山小学校に工房を持ち、工芸デザイナーとして活動されています。様々なかたちのカットボードは、じっくりと触れ比べて手に馴染むものを探してしまいます。

永尾博司さんの作品

永尾博司さんの作品は壁いっぱいのカットボード。他にも小さじなど。

佐古馨さんはもともと立体造形作家として活動を始められていたということで、感性を優先しているような大ぶりでふところの深い器がとても魅力的でした。採れたての野菜や果物を盛りつけたら、きっと素敵です。

佐古馨さんのうつわ

佐古馨さんのうつわは、ぽってりとした木の安定感が良い。

そして今回ゲスト参加の脇山さとみさん。陶器のうつわや小物入れが多くありましたが、写真のような立体オブジェも印象的。とても静かな空気感を醸し出している作品でした。

脇山さとみさんの作品

しずかに佇むのは、脇山さとみさんの作品。

個性的でありながら自然に調和した作品たちは、ずっと眺めて、手に取っていたくなります。
この日は永尾さんの小さなカットボードを購入しました。会場にはそれぞれの工房の様子などの写真も展示されていました。

展示期間は5月6日まで。夙川から葉桜や川の流れを眺めながら歩いても15分くらいなので、お近くの方は散歩がてらゆったりとした時間を過ごすのがおすすめです。

「里山百貨店 – 三人の作家による展示販売」

2014年4月5日(土)〜5月6日(火)まで
ウラン堂Webサイト

Yusuke Nagashima

Contact

フォーク・クリエイティブは兵庫県西宮市を拠点に活動するデザイン事務所です。 企業やブランド、個人が抱く想いの向こうにひそむ課題へ向き合い、 柔軟な発想とコミュニケーションで、解決につながるプランをご提案します。

まずはお問い合わせください。
目的や課題に取り組むためのご相談を初回無料で承ります。

具体的なサービス内容と制作料金の目安については料金ページをご覧ください。