ブログ執筆に最適なテキストエディタ「Byword 2.0」がリリース

シンプルなユーザーインターフェースと軽快な動作が人気のテキストエディタ「Byword」が2.0にアップデートされました。 これまでに同種のシンプルなテキストエディタを幾つか比較して使ってきましたが、Bywordの気に入っ […]

シンプルなユーザーインターフェースと軽快な動作が人気のテキストエディタ「Byword」が2.0にアップデートされました。

これまでに同種のシンプルなテキストエディタを幾つか比較して使ってきましたが、Bywordの気に入っている点を改めて紹介します。

「文章を書く」ことだけに集中させてくれる

Bywordを立ち上げると、薄グレーのウィンドウが拡がります。気を紛らわせるツールバーなどは一切ありません。文章を書くためだけのエリアです。

細かい部分も気が利いていて、Mac版では現在記述している段落以外のエリアをフェードアウトしくれるので、頭の中とじっくり向き合いながら文章を書くことができます。

Byword2.0執筆画面

フルスクリーンモードを使うと、じっくり自分の文章と向き合えます。

マルチデバイス対応、意識することなくファイルを同期してくれる

BywordはファイルをiCloud(もしくはDropbpx)に保存することができるので、iPhone,iPad,Mac間で同期することが可能です。例えば通勤電車でiPhoneを使って書いた記事を保存、会社に着いてからMacで続きを書くことができます。

ファイルは一定時間毎に自動で保存されるので「保存ボタン」を押す必要もありません。原稿から軽いメモまで、自然な流れで作業が繋がっていくので快適です。

Markdown形式に対応、簡単にマークアップができる

Markdownは普通のテキストのように書きながら、HTMLタグに変換して書き出すことができる形式です。特にhタグ(見出し)やリスト・引用などを活用しているブログでは記事制作が簡略化されるので重宝します。

このブログはWordpressで作っていますが、Wordpressの投稿画面、アプリ連携が今ひとつなので、Bywordで書いたものを最後にペーストしてアップしています。

文章の書きやすさは、ブログを書くモチベーションに繋がる部分なのでとても大切です。

Byword2.0 Markdownプレビュー

Markdownのプレビューもショートカットキーで簡単です。

新バージョンでmac版の安定性が向上、そのままブログにアップできるアドオンも登場

Bywordはmac版でフリーズが多く安定性に欠けていたのが最大の欠点でしたが、2.0では改善されており安心して使うことができるようになりました。

さらに今回のアップデートでは、Wordpress,Tumblr,Blogger,Evernoteといった、外部サービスに直接記事を送信できるアドオンが450円で販売されています。ブログを書く方にとっては最適なツールになったのではないかと思います。

Byword2.0からWordpressへのパブリッシュ

WordPressへのパブリッシュ。カスタムフィールドの記入もできる。

iPhone/iPad/Mac版、どれも有料アプリですがマルチデバイスでのメモ・ブログ執筆をされる方はぜひ試してみてください。快適な文章環境を作ることができるのでぜひ試してみてください。

Yusuke Nagashima

Contact

フォーク・クリエイティブは兵庫県西宮市を拠点に活動するデザイン事務所です。 企業やブランド、個人が抱く想いの向こうにひそむ課題へ向き合い、 柔軟な発想とコミュニケーションで、解決につながるプランをご提案します。

まずはお問い合わせください。
目的や課題に取り組むためのご相談を初回無料で承ります。

具体的なサービス内容と制作料金の目安については料金ページをご覧ください。