子ども通して、幸せを感じることのできる社会をつくる -「asobi基地」代表・小笠原舞さん

現在神戸市デザイン・クリエイティブセンターKIITOで進んでいる「子育て支援プロジェクト」の参考に、東京で「asobi基地」という事業を運営されている小笠原 舞さんにインタビューをお願いしました。 「asobi基地」は特 […]

現在神戸市デザイン・クリエイティブセンターKIITOで進んでいる「子育て支援プロジェクト」の参考に、東京で「asobi基地」という事業を運営されている小笠原 舞さんにインタビューをお願いしました。

「asobi基地」は特定の場所を持たない移動式サーカスの様なイベントで、子どもと大人が垣根なく遊び、学び、つながっていく子育てコミュニティ。誰もが参加できます。

保育士をしながら「こども未来プロデューサー」として活動「asobi基地」を立ち上げた代表・小笠原さん。次々にイベントを展開していく彼女が持つ問題意識と子育てにまつわるコミュニティについてお話を伺いました。

自由に遊びまわる子どもの姿を中心に、ワークショップやトークセッションが開催され、親同士の交流が活発に生まれている「asobi基地」のあり方はヒントになるではと思います。

(*写真は小笠原さんより提供していただきました。)

「asobi基地」のようす

子ども達の個性をフェアに見ることができる場を作りたい

– 「こども未来プロデューサー」とはどんな仕事ですか?

子育てには色々な問題があって、例えば待機児童に関しても新しい保育施設を作ることで解消しようとしているけれど、ハードだけ作れば良いという問題ではありません。

実際、待機児童ゼロを実現した自治体でも、次は保育園の質の向上に取り組んでいます。つまり最後は保育士にかかってくるんです。

保育士が持つ専門性は子育てにおいてすごく大切なのに、表に出て評価される機会が少ないので、あたらしい名前をつけて「子ども未来プロデューサー」という名前を考えました。

「asobi基地」小笠原舞さんインタビュー

遊びと学びは深いところで繋がっている

– 「asobi基地」のアイデアはどこから生まれたのですか?

子どもを保育園に預けきりになってしまうと、親が子どもたちの日常を見る機会が減ってしまいます。反対にずっと家庭だけで育てるとなると、子どもとの距離が近すぎてしんどくなる方も多いと思います。

ちょうどいい距離感で、子ども達を家族と一緒に見ることができる場を作りたいという気持ちからはじめました。

「asobi基地」は初めてからもうすぐ一年になるんですが、参加応募はどんどん増えて、遠方からの問い合わせも多く頂くことからも、子育てに関するコミュニティ、サードプレイスが求められていると実感しています。

ただ「asobi基地」はテーマパークのように育児をアウトソージング(外部委託)するのではなく、体験したことをそれぞれの家庭に持ち帰ってもらいたいと思っています。

「asobi基地」のようす

行政や地域で展開されている子育て支援事業はたくさんあるのですが、ほとんどが大人の目線で作られたものに感じています。私は保育士として日々子どもと向き合っているので、できるだけ子どもと同じ目線に立って企画を考えています。

「asobi基地」に置いてあるおもちゃは、ほとんど家庭にあるものばかりですが、子ども達は何でも作り遊びを広げていきます。大人はつい「遊び」と「学び」の区切りをつけてしまいがちですが、遊びと学びは深いところで繋がっています。子どもが本来もっている可能性を広げていくちからを育んでいきたい。

小さな子どもがハサミに手を伸ばしたり、チャレンジするのを「危ない」といってすぐ手を出してしまうのではなく、見守る場づくりをすることで、親にとっても「うちの子はハサミを使えるんだ!」という喜びや学びを発見する機会に繋がると思いませんか?

もちろん安全とオープンであることのバランスは大切なので、そこはプロの保育士が間に入ることでカバーできると思っています。

「asobi基地」のようす

子ども達の可能性が広がる環境・社会をみんなで作ってこそ、本当の意味で多様性のある社会が実現できる

– ライブハウスや、コワーキングスペースなど開催場所がユニークですね。

まず大人に「楽しそう!」と思ってもらわなければ、子どもを連れてきてもらえません。子どもは親、特に母親の価値観には逆らえないものなので、親が興味のないものに子どもがふれる機会はとても少ない。親の環境で子どもの体験が決まると言って良いと思います。

「asobi基地」は「あらゆる子どもがフェアにアクセスできる場所」がテーマなので、色んな取っかかりを作って、親の世界を広げることによって、子どもの世界を広げていくことを考えています。

「asobi基地」のようす

– 小笠原さんが考える「フェアな子育て」とは何ですか?

子どもも大人も、みんなが一人ひとり、それぞれの人生(生き方、考え方とか)があることをきちんと受け入れるということ。子ども達の可能性が広がる環境・社会をみんなで作ってこそ、本当の意味で「多様性がある社会」が実現できると思います。

今後はもっと多くの保育士に関わってもらって、東京だけでなく各地で「asobi基地」を拡げていきたいです。地域ならではの素材から新しい遊びを考えてシェアしたり「asobi基地」を通して世界が繋がると面白いですよね。

– 応援しています。ありがとうございました。
(インタビュー・長島祐輔)

asobi基地ロゴ

「期間限定asobi基地カフェ」の実現に協力していただける方を募集しています。

最後に、現在小笠原さんは新しいプロジェクト「期間限定asobi基地カフェ」の資金をクラウドファウンディングサイト「READYFOR?」で募っています。こちらをチェックして、共感いただける方はご協力いただければと思います。

「RADYFOR?」のページ
「asobi基地」のFacebookページ

Yusuke Nagashima

Contact

フォーク・クリエイティブは兵庫県西宮市を拠点に活動するデザイン事務所です。 企業やブランド、個人が抱く想いの向こうにひそむ課題へ向き合い、 柔軟な発想とコミュニケーションで、解決につながるプランをご提案します。

まずはお問い合わせください。
目的や課題に取り組むためのご相談を初回無料で承ります。

具体的なサービス内容と制作料金の目安については料金ページをご覧ください。