【KIITO子育て支援ゼミvol.02】まちづくりの作法。風・水・土

神戸デザインクリエイティブセンター「KIITO」で行われている、多方面から新しい子育て支援のかたちを考える「子育て支援パワーアッププロジェクト」。 第2回はKIITOの副センター長であり、このゼミの講師である永田宏和さん […]

神戸デザインクリエイティブセンター「KIITO」で行われている、多方面から新しい子育て支援のかたちを考える「子育て支援パワーアッププロジェクト」。

第2回はKIITOの副センター長であり、このゼミの講師である永田宏和さんが登壇。まちづくりを進めていく上での作法ともいえるコンセプトのお話しをしていただきました。

風」「水」「土」誰に対する提案なのか

まちづくりに関わる人の性質を「風」「水」「土」に例えて考えていきます。

「土の人」とは、その場所に居続け、活動を続けていく存在。「風の人」とは、その土地に刺激を与える種を運んでくる存在。「水の人」とは、その土地に寄り添い、刺激を与える種に水をやり続けるような中間支援的存在、という役割を持っています。

この作法を参考にしながら、企画の時には、誰に対する提案なのかを常に意識し続けることが大事であると説明しました。

私たちは今回地域に対して提案をする「風の人」であると言えます。ただ提案をするだけでは持続しません。自分自身も「水の人」となり地域にコミットしていくのか、「土の人」を巻き込んでその地域にゆだねてしまうのか。同じ「風の人」の賛同を得てうねりを大きくする事も考えられます。この判断で提案は大きく変わるはずですね。

感覚的にも分かりやすい、非常に興味深い例えでした。

【子育て支援ゼミレポート】

第1回:私たちは子育て支援のカスタマーではなくパートナー
第2回:まちづくりの作法。風・水・土
第3回:コンセプト+クリエイティブで企画は生きる
第4回:ソーシャルメディアを活用して、子育てしやすい地域コミュニティをつくろう

Yusuke Nagashima

Contact

フォーク・クリエイティブは兵庫県西宮市を拠点に活動するデザイン事務所です。 企業やブランド、個人が抱く想いの向こうにひそむ課題へ向き合い、 柔軟な発想とコミュニケーションで、解決につながるプランをご提案します。

まずはお問い合わせください。
目的や課題に取り組むためのご相談を初回無料で承ります。

具体的なサービス内容と制作料金の目安については料金ページをご覧ください。